2020年10月12日

上田市で中古住宅の購入をお考えの方へ!諸費用を節約する方法とは?

長野県上田市で中古住宅を購入しようとお考えの方はいませんか。
「中古住宅購入を考えているが、住宅の費用以外にどのくらい費用がかかるのかわからない。」という方もいらっしゃるかと思います。
そこで本記事では、中古住宅を購入する際にかかる諸費用の種類、その節約法について紹介します。

□諸費用の種類について

まずは、中古住宅を購入する際にかかる諸費用の種類について紹介します。
本記事ではローン借入時に必要となる諸費用や、引き渡し時にかかる諸費用についても紹介します。

まずは契約時にかかる費用です。
1つ目は印紙税で、売買契約書を作成する際に発生する税金のことです。
契約金額によって支払額が変化するため注意しましょう。

2つ目は仲介手数料で、契約が完了した場合に、成果報酬として仲介業者に支払う費用です。
一般に建物価格の3パーセントに6万円、消費税を足した金額が上限と言われています。
仲介手数料は諸費用の中でも高額ではありますが、トラブルを避けるためには宅地建物取引士などのプロを仲介してもらった方が現実的であるといえるでしょう。

次に、ローン借入時にかかる費用です。
1つ目は印紙税で、金銭消費貸借契約書を作成する際に発生する税金のことです。
この印紙税は契約金額が同じであっても、売買契約書と金銭消費貸借契約書によって金額が異なるので注意しましょう。

2つ目は融資事務手数料で、金融機関に支払う手数料で、借入額の2パーセント前後に設定している金融機関がほとんどです。
金額の詳細はその金融機関に直接確認しましょう。

3つ目はローン保証料で、連帯保証人の代わりとなるお金です。
金額は、金融機関や借入額、借入期間によって異なるため、こちらも詳細は金融機関に直接確認しましょう。

4つ目は抵当権設定登記費用で、登録免許税と司法書士依頼料の2つがあります。
登録免許税は住宅ローン借入額の0.4パーセントですが、一定の条件を満たした場合、軽減税率が適用され0.1パーセントまで下がります。
司法書士依頼料に関しては、事務所によって金額が異なるため、直接確認しましょう。

5つ目は火災保険料で、ローン借入時には必ず入らなければなりません。
金額は、保険会社や補填内容によって異なります。

最後に引き渡し時にかかる費用で、所有権移転登記の登録免許税と司法書士依頼料がかかります。
所有権移転登録免許税に関しては、土地と建物の別々に支払いが要求されることも注意が必要です。
具体的な金額は、土地の登録免許税が固定資産評価額の1.5パーセントで、建物が2パーセントです。

□引き渡し後の手数料について

次に引き渡し後にかかる諸費用について紹介します。

1つ目は入居費用で、引っ越し代や家具の新規購入費用のことです。
一般的な4人家族の場合は10万円〜20万円かかると言われています。
しかし、ほしい家具やインテリアがある方は上記の金額より多めに見積もりましょう。

2つ目は不動産所得税で、建物や土地にかかる税金のことです。
引き渡しの半年〜1年半後に通知されるもので、一定の条件を満たせば軽減措置がうけられます。
申請方法は都道府県によって異なるので、購入を決定したら不動産会社か都道府県の担当課に問い合わせましょう。

3つ目はリフォームをされる方のみですが、リフォーム費用がかかります。
リフォーム費用は内容によって金額が大きく異なるが高額であることが多いため、住宅購入の前段階で試算し、予算を立てると良いでしょう。

□諸費用を節約する方法とは

諸費用は中古住宅の場合では、一般的に物件価格の6〜8%と言われています。
これは高額と言えるのではないでしょうか。
皆さんもできれば安く抑えたいですよね。
では、具体的にどうすれば諸費用を抑えることができるのか紹介します。

*不動産登記を自分で行う

1つ目の節約方法として、不動産登記を自分で行うことが挙げられます。
上記にも記述した登記費用ですが、実は登記を行う司法書士への依頼料が高額であることが多いです。
そのため、近年では自分で登記を行う人も増えています。
しかし、本来は専門家に頼むものであることから分かる通り、必要書類が多く、法務省へ数回に分けて行く必要があり、そしてある程度の知識も必要となるため、自分で行う場合には1カ月はかかると考えて計画を立てましょう。

*損害保険の入り方を工夫する

2つ目の節約方法として、火災保険などの損害保険の補償内容を工夫することが挙げられます。
保険は補償を手厚くすればするほど高額になりますが、必要のない補償もつけられている場合があります。
その土地や住宅から想定しうる危険を踏まえた上で、必要最低限の補償に変更しましょう。

また、保険の保証期間を短期にして加入すると初期費用を抑えられます。
しかし、短期契約を繰り返すと長期的には割高になってしまう場合があるので、短期契約はあくまで短期的な費用節約方法と考えてください。

□まとめ

本記事では中古住宅を購入する際の諸費用の種類と節約方法について紹介しました。
不動産や保険は仕組みが複雑ゆえに過払いしている可能性があるため、契約内容をしっかりと確認してから購入しましょう。
当社は上田市、東御市を中心に中古住宅のリフォームなどを請け負っております。
皆様が満足できるように誠心誠意サポートさせていただきます。

上田市と東御市の不動産売買情報

HPを見たと言って、お気軽にお問い合わせください!

無料相談・お電話窓口

営業時間:9:00~18:00 / 定休日:不定休

長野県上田市踏入2-11-15

インスタグラム